ほうれい線 美顔器

ほうれい線ができる原因

 

乾燥や紫外線、加齢による肌のたるみの他にも、ストレスや睡眠不足、暴飲暴食などほうれい線ができる原因は様々です。
最近ではパソコンや携帯メールなどによる目の使い過ぎから、20代前半の女性でもほうれい線に悩む人が増えています。

 

肌質でいえば、脂性の人よりは乾燥肌の人のほうがほうれい線はできやすく、太っている人よりは痩せている人のほうが
できやすく目立ってしまうという特徴もあります。

 

老け顔を印象づけるほうれい線は頬のたるみが一番の原因で、小鼻の脇から姿を現してきます。
では、ほうれい線ができる3つの要因についてご説明します。

 

 

【見た目年齢が大きく変わる「ほうれい線」の原因】
要因1) 加齢
年齢を重ねることで肌の水分量が減少していき、ハリと弾力が失われていくため、肌がたるんでほうれい線が目立ってきます。

 

要因2) 筋肉の衰え
表情が豊かな人って、不思議とシワやたるみが少ないと感じたことはありませんか?
それは顔の表情筋を自然と鍛えていることになるから。
筋力が落ちると、皮膚を持ち上げていることができずたるみやすくなります。

 

要因3) 遺伝
残念ながら親から譲り受けた顔の骨格や筋肉の付き方によっても、ほうれい線ができやすいかどうかが分れます。
遺伝によって幼い頃からほうれい線が目立ってしまうケースもあります。